腰痛外来

腰痛外来

当院では腰痛の治療に対しても力を入れています。腰痛には筋肉のこりが原因となっている筋・筋膜性腰痛、脊椎同士の関節に不具合が生じる椎間関節性腰痛、椎間板の変性等が原因となる椎間板性腰痛があります。その他に椎間板が脊髄側に脱出する椎間板ヘルニアでは足の痺れや筋力低下が起こることがあります。

このように腰痛には様々な原因があります。また、腰痛の中には転移性骨腫瘍・感染性脊椎炎など緊急性を要するものもあり、早期の診断・治療が必要となります。これらを鑑別するためレントゲン・MRIなどの検査を行い、適切な診断・治療を行います。理学療法士による運動療法、日常生活での注意点指導、セルフケア指導等も行っており、腰痛の軽減・予防を図ります。手術適応がある場合や、緊急性がある場合は総合病院へ紹介します。

腰痛は特異的腰痛・非特異的腰痛に分けられ、特異的腰痛はレントゲンやMRIといった画像所見などから原因が特定できているものを指します。特異的腰痛は腰痛全体の15%程度と言われており、ほとんどは画像上での原因がはっきりとしない非特異的腰痛にあたります。この場合、その方の生活状況・姿勢や動作パターンなどから局所にかかっているメカニカルストレスを割り出し、改善していく必要があります。

筋・筋膜性腰痛

腰部の筋肉、筋肉の表面を覆っている筋膜が原因で生じる腰痛です。

椎間関節性腰痛

脊椎には後方に棘のような突起があり、その根元の部分で上下の脊椎が繋がる部分が椎間関節です。この部分に何らかのストレスがかかり、痛みが生じます。

椎間板性腰痛

椎間板は脊椎と脊椎の間のクッションの役割を担っています。度重なる荷重ストレス等により変性が起こり、痛みが生じるようになります。

腰椎椎間板ヘルニア

椎間板が脊髄の通っている方向に滑り出てしまった状態を椎間板ヘルニアといいます。滑り出た椎間板により脊髄や脊髄から出ている神経を圧迫してしまうことにより下肢の筋力低下や、感覚障害、痛みが生じます。

仙腸関節障害

仙腸関節は脊椎下端の仙骨と腸骨(骨盤)の接続部分です。上半身と下肢の力を双方に伝える重要な部分であり、そのため負荷もかかりやすくなっています。腰のなかでもお尻に近い部分で大腿部に痛みを感じることもあります。

腰部脊柱管狭窄症

脊柱管とは、脊髄の通り道にあたります。加齢に伴い、椎間板や脊椎の変形が原因で脊柱管が狭くなってしまい、神経を圧迫することにより下肢の痛みや休み休みでしか歩けない(間欠性跛行)などの症状が生じます。

おくだ 脳神経外科クリニック

お問合せはお気軽に

吹田市でMRI検査を受けるなら
「江坂駅」徒歩7分の『おくだ脳神経外科クリニック』
日本脳神経外科学会専門医による診療と、
理学療法士によるリハビリを行っておりますので、
お気軽にお問合せください