クリニック紹介

院長挨拶

院長挨拶

おくだ脳神経外科クリニック院長の、奥田泰章と申します。
総合病院・脳神経外科病院での約20年間の勤務医生活の中で、脳卒中や脳腫瘍、脊椎や脊髄の病気を抱えた患者様と向き合い、救急診療、外来診療、手術治療を経験してまいりました。
このたび、開業を決心するに至ったのは、祖父の思い出が大きく関わっています。内科の開業医だった祖父は、地域の方々とじっくりと、身体と心で向かい合う姿勢を私に見せてくれました。
「いつかあんな医師に」という想いを抱かせてくれたのも、祖父の背中です。当クリニックでは、私の目標であった祖父以上に、心の通った診療を行ってまいりたいと考えております。

「脳神経外科」という名前の響きは一般的にあまり馴染みがなく、身構えてしまう方もいらっしゃいます。しかし、頭痛に代表されるような、ごく身近な症状を診療する医療科目です。大切なのは、その身近な症状を放置しないことです。身近な症状の裏側に、重大な疾患の芽が隠れているかも知れないのです。ぜひとも、お気軽にご相談いただければと思います。
私はこれまでの約20年間の脳神経外科医として手術の経験や知見を活かし、手術適応の判断、適切なMRI検査の診断、丁寧でわかりやすい説明を心掛けた診療を行っていきます。手術が必要と判断した場合には、速やかに総合病院へとご紹介いたしますので、ご安心ください。また、セカンドオピニオン(「他院で手術すべきと言われたが、迷っている」、他の医師の意見を聞きたいという方)のご相談にも応じます。
皆様のご来院を、スタッフ一同、心よりお待ちしております。どうぞ、よろしくお願いいたします。

経歴

  • 平成9年大阪医科大学卒業
  • 春秋会城山病院
  • 翠清会梶川病院
  • 医仁会武田総合病院
  • 畷生会脳神経外科病院
  • 矢木脳神経外科病院
  • 第一東和会病院
  • 多根総合病院

所属学会

  • 日本脳神経外科学会
  • 日本脊髄外科学会
  • 日本脳卒中学会
  • 日本脳卒中の外科学会
  • 日本頭痛学会

資格

  • 日本脳神経外科学会 専門医
  • 日本脊髄外科学会 認定医
  • 日本脳卒中学会 専門医
  • ISLSファシリテーター

スタッフ紹介

当クリニックのリハビリには脳神経外科、整形外科病院で経験を積んだ理学療法士・言語聴覚士が在籍しています。脳卒中後のリハビリテーションはもちろんのこと、脊椎関連疾患・慢性疼痛などに対するリハビリテーションも行います。
 脳卒中で入院された方が、自宅退院後に入院中には気付かなかった問題点が出てくることは多いと思います。

  • 歩くことはできるけど、外で歩くときにふらふらしてしまうため家に引きこもってしまう
  • 腰や膝、肩に痛みが出てきた
  • 仕事復帰はできたけど、明らかにミスが多くなっている
  • 今まで一人でできていたことができなくなって手伝ってもらわなければならない
  • 脳卒中では運動麻痺や失語といったものが注目されがちですが、身体の使い方に歪みが出たり、高次脳機能障害(注意力の低下、物の使い方がわからない、2つのことが同時に行えない等)などが後遺症として残っているということが考えられます。周りからは前と変わらないように見えても、前と違うと感じている、逆に本人は問題ないと思っていても周りから見て明らかに前とは違うと思われている方もおられます。このような症状のある方々の問題点改善に向け、院長・スタッフ間で連携しながら治療を行っていきます。要介護認定をお持ちの方には介護保険のリハビリ(通所リハビリテーション)、外出困難な方には訪問リハビリテーションも行っているのでお気軽にご相談ください。

     

    また、当クリニック院長は脊椎の専門医でもあり、頚部痛、腰部痛、手足の痺れなど脊椎関連疾患の対応も可能です。脊椎は頚椎~仙椎まで25個もの骨があり、屈伸、回旋運動を行っています。その分、どこか不具合が生じた場合に他の部分でカバーできるという利点があります。ただし、それが積み重なることによりカバーし続けている部分にストレスがかかり、結果痛みなどの症状が出ている場合が多いです。この場合、不具合が生じている部分を是正することが根本治療につながります。根本改善を心がけ、スタッフ一同治療にあったっています。 仕事や生活の支障になっているものを取り除き、不足している部分を補うことで地域の方々が少しでもよい生活を送れるようサポートします。

    特徴

    日本脳神経外科学会専門医による診断と、治療方針のご提案

    当クリニック院長は、日本脳神経外科学会専門医です。丁寧な問診、MRIをはじめとする検査の診断のもと丁寧でわかりやすい説明を致します。患者様一人ひとりに合った治療方針をご提案いたします。

    手術適応の判断・セカンドオピニオン

    入院を要する時、より高度な治療が必要な時、手術が必要と判断したと時、には、速やかに提携する総合病院をご紹介いたします。また、「他院で手術をすすめられたけれど迷っている」、「他の医師の意見を聞きたい」という方には、これまで20年間の脳神経外科手術の経験からアドバイスをいたします。

    MRI(1.5T)を完備

    国内・世界で長年トップシェアを誇る、GEヘルスケア社製の超電導MRI(1.5T)を完備し、必要に応じて速やかにご案内できる体制を整えております。命にかかわる頭部の病気の早期発見に役立てます。

    理学療法士によるリハビリテーション

    理学療法士・言語聴覚士によるリハビリテーションを行います。脳卒中後遺症による歩行障害・動作困難、失語・その他高次脳機能障害、嚥下障害に対し治療を行います。首や腰など脊椎関連疾患の疼痛に対しても治療・セルフケアの指導を行います。

    忙しい方も通いやすいクリニック

    土曜日は午前中の診療、その他の診療日も夜7時まで診療しております。お忙しい方も、お仕事帰りやお休みの日に通いやすい診療体制を整えております。

    設備

    MRI

    MRI

    1.5TのMRIを完備しております。GEヘルスケア社製のMRIです。

    レントゲン

    レントゲン

    症状に応じて、頭部、脊椎などの全身のレントゲン撮影を行います。

    超音波エコー

    超音波エコー

    主に頸動脈を観察します。動脈硬化が一目でわかり、粥腫(プラーク)の性状まで確認することが可能です。

    リハビリテーション室

    リハビリテーション室

    専属の理学療法士が、患者様のリハビリテーションを行います。

    牽引装置

    痛みのある首、腰などをゆっくりと引っ張り、神経への圧迫や筋肉の緊張を和らげる装置です。筋肉・靭帯の血行改善の効果も期待できます。

    ホットパック

    温めた保温材(ホットパック)を当て、身体を表面から温める療法に使用されます。マイクロ波治療器と併用することもあります。

    マイクロ波治療器

    マイクロ波治療器

    深部に狙いを定めてマイクロ波を照射する治療器です。血行改善、筋肉の緊張の除去といった効果が期待できます。

    医院紹介

    医院紹介
    医院名 おくだ脳神経外科クリニック
    診療科目 脳神経外科 リハビリテーション科
    所在地 〒564-0063大阪府吹田市江坂町2-1-47京阪神新江坂ビル1F
    最寄り駅 大阪メトロ御堂筋線「江坂駅」より徒歩7分
    駐車場 近隣コインパーキング利用

    アクセス・診療時間

    診療時間 日・祝
    9:00~12:00
    15:30~17:00(昼ドック)
    17:00~19:00

    休診日 木曜午後、土曜日午後、日曜、祝日

    おくだ 脳神経外科クリニック

    お問合せはお気軽に

    吹田市でMRI検査を受けるなら
    「江坂駅」徒歩7分の『おくだ脳神経外科クリニック』
    日本脳神経外科学会専門医による診療と、
    理学療法士によるリハビリを行っておりますので、
    お気軽にお問合せください