新着情報

  • blog

    Apple watchの新機能

    Apple Watchにパルスオキシメーター?の機能が追加されるようです。 睡眠時無呼吸症候群のスクリーニングにいいのでは。 心電図機能は日本で使えなくて、最近承認されたばかり。 これも日本ではすぐには使えない? htt […]

    2020.09.16 ,

  • 4%e3%82%b3%e3%83%9e%e6%bc%ab%e7%94%bb

    おしえてMRI③

    2020.09.14 ,

  • staff

    仙腸関節障害

    足の痺れがあるというときに、腰椎椎間板ヘルニアといった腰部の神経の圧迫が原因となるということはよく聞くと思います。 もしくは坐骨神経痛というのも聞かれるのではないでしょうか? これらは神経が圧迫されることにより痺れが出て […]

    2020.09.09

  • 4%e3%82%b3%e3%83%9e%e6%bc%ab%e7%94%bb

    4コマ漫画 おしえてMRI②

    2020.09.07 , ,

  • staff

    運動発達②

    今回は姿勢制御の発達についてです。 姿勢制御は発生した身体平衡の乱れに対して、重心を維持し、重力下での円滑な運動を補償する重要なシステムです。 大人の場合、視覚からの情報や前庭感覚、固有感覚、運動感覚からの情報などにより […]

    2020.08.31

  • 4%e3%82%b3%e3%83%9e%e6%bc%ab%e7%94%bb

    4コマ漫画 おしえてMRI

    2020.08.31

  • staff

    運動発達①

    古くから人の運動発達は、遺伝的要素が強いのかもしくは、環境的要素が強いのかなどの議論がされてきていました。 現在はその両方が相互作用して運動学習が行われているということが有力となっています。 もちろん神経細胞も発達してい […]

    2020.08.21

  • staff

    運動失調

    小脳の障害では運動失調が生じることが多いです。 歩くときや、ものをとるときなど手足がスムーズに思い通りに動いてますよね? これはたくさんの筋肉が調和を保ちつつ(協調)運動を行えているためです。 運動失調はこの協調的な運動 […]

    2020.07.28

  • staff

    脳損傷後の運動学習

    脳損傷後の運動機能回復での脳活動と、健常者が新しい運動を学習するときの脳活動は類似していると言われています。 特に運動学習は小脳、大脳基底核(被殻、視床など奥の部分)、大脳皮質の協調が重要です。 運動学習の戦略として ① […]

    2020.07.22

  • staff

    股関節可動域制限と腰痛

    股関節の運動にかかわる筋は基本的に骨盤(腰椎)から大腿骨にかけて付着しています。 そのためこれらの筋の柔軟性低下が原因で股関節の可動域制限がある場合、股関節だけでなく骨盤、腰椎の可動性も低下するということです。 可動性が […]

    2020.07.21

おくだ 脳神経外科クリニック

お問合せはお気軽に

吹田市でMRI検査を受けるなら
「江坂駅」徒歩7分の『おくだ脳神経外科クリニック』
日本脳神経外科学会専門医による診療と、
理学療法士によるリハビリを行っておりますので、
お気軽にお問合せください